発達障害とSST

SSTとは、“Social Skills Training”の略で、「社会生活技能訓練」や「生活技能訓練」などと呼ばれています。SSTは認知行動療法の1つに位置づけられる比較的に新しい支援方法で、対人関係を中心とする社会生活技能を高める方法が現在も開発されています。
自閉症スペクトラム障害、ADHDなどを含む発達障害は、それぞれの本質的障害は異なるものの共通して社会性の問題を呈することが多いといわれます。そのためSSTでは、それぞれの苦労や悩み、希望に沿う形で周囲の人の視線や表情への気付き、場にふさわしい適切な言動、自分の感情や考えの表現方法などのスキルを獲得し、日常生活において他者と相互に関わるスキルや能力を高めることを目指していきます。 (M)



※発達障害についてスタッフが書いた文章を載せていきます。

2021年02月12日