医療関係者の方へ

研修会・講演会のお知らせ

方針イメージ

 

精神科医療、産業保健医療のために行われている研修会、勉強会などをお知らせします。
当院理事長が主催しているものもあります。
ご興味のある方はそれぞれの連絡先にご連絡ください。


北海道内のリワークの啓蒙活動や支援者同士の情報交換を目的に2008年4月に発足しました。
うつ病に対する復職支援プログラムを実施している医師の他、職場復帰支援に関心のある精神科医や産業医、医療従事者、職場の人事担当者などを対象とした勉強会です。
春と秋に講演会と研修会を実施し、適切な診断と治療を通じて復職支援が行えるよう情報交換を行い、相互の連携により患者様が適切な医療サービスを受けられるような基盤作りを検討しています。


第14回 北海道リワーク勉強会・相互研修会
日時: 2022年10月14日(金)19:00~20:30 
テーマ
  『リモートワークと復職 』
会場:さっぽろ駅前クリニック北海道リワークプラザ
(状況によってはオンライン開催に変更になる可能性があります)
定員:40名(実地開催の場合)
参加費: 2,000 円(春の研修会に参加している方は無料)
※産業医ポイントがとれます

※詳細は「北海道リワーク勉強会」のボタンから案内をご覧ください。

日本うつ病りリワーク協会ホームページへ

身体を動かす心理療法(サイコドラマ、SST、プレイバックシアターなど)の普及、技術向上を目指しています。講師をお招きし、年に2回の研修会を行っています。

日本アクションメソッド普及協会  秋大会 のお知らせ
日時: 令和4年11月3日(木) 10:00~16:30
内容: 特別講演 「演劇×社会福祉について」
   ワークショップ 「インプロを体験する」
講師:仙谷 桂子先生(四国学院大学 准教授)
場所: さっぽろ駅前クリニック 北海道リワークプラザ      ※料金: 会員:5,000円、非会員:6,000円、学生:5,000円
※当協会都合で中止した以外での返金はございません。また、交通費や宿泊費の補填もありません。
募集人数:30名程度

※「日本アクションメソッド普及協会」のブログをご覧ください。https://plaza.rakuten.co.jp/actionmethod

成人発達障害支援における支援手法を明らかにし、質の向上と啓発を目指し活動を行うことを目的に設立された学会です。昭和大学発達障害医療研究所が事務局です。

第9回成人発達障害支援学会 
テーマ: 「共感する・つながる・伴走する」
日時: 2022年12月3日(土)、4日(日)  
大会長: 来住 由樹(地方独立行政法人 岡山県精神科医療センター院長)
副大会長: 野口 正行(岡山県精神保健福祉センター所長)

会場: 岡山国際交流センター

※上部の「成人発達障害支援学会」のボタンから学会ホームページをご覧ください。

サイコドラマ、ロールプレイング(含SST)、プレイバックシアターなどの心理劇の普及と学問的研究を行う学会です。

日本心理劇学会 第28回大会

会期:2022年12月10日(土)、11日(日)
大会テーマ:​「サイコドラマとオープンダイアローグ」
大会長:山登敬之(明治大学文学部心理社会学科)
会場:明治大学駿河台キャンパス アケデミーコモン・リバティタワー    東京都千代田区神田駿河台1-1

※上部の「日本心理劇学会(大会)」のボタンから日本心理劇学会第28回大会ホームページにお入りください。

日本心理劇学会研修委員会主催第26回研修会

日時:2022年12月9日(金) 17:30~20:30(受付16:45~)
  12月10日(土)9:00~11:00 ※2日間計5時間研修
※日本心理劇学会第28回大会の前日夕刻~大会第1日目開会前の午前に研修会開催。

​研修1) 「日本心理劇学会倫理綱領ーお互いにお互いをもっと大事にしようー」
講師 高橋 秀和先生 (アウェアネス&グロース アプローチ研究所)

研修2) 「心理劇の理論を考える」
講師 藤堂 宗継 先生 ( 雄心会 山崎病院 )

研修3) 「日常生活を心理劇の舞台に」
講師 土屋 明美 先生 (東京薬科大学)

会場:明治大学駿河台キャンパス リバティタワー
   東京都千代田区神田駿河台1-1

会費:会員5000円、 非会員7000円、 学生3000円 (当日払い)
※ 日本心理劇学会第28回大会参加費とは別であることにご注意ください。
※ 各研修コースとも定員20名です。原則、先着順で調整いたします。定員に余裕がある場合は、当日受付も可能です。

※上部の「日本心理劇学会研修会」のボタンから「研修会のお知らせ」をご覧になり、申込フォームからお申込みください。

薬物に頼らない治療法として注目を集めている認知行動療法。 グループ(集団)で行うと治療効果も高まると言われています。 当院では積極的に研究会活動に関わり、日々の臨床に反映しています。

※上部の「集団認知行動療法研究会」のボタンから研究会ホームページをご覧ください。